Top >  お役立ち >  晩婚と少子化問題について

晩婚と少子化問題について

" 今の時代は、男性の収入が全体的に下がっていること、女性の社会進出が目覚しいことなどを理由として、晩婚化の傾向が顕著です。

 男性、女性ともに30代になってから結婚するという人も珍しくなく、男性にいたっては40代、50代での結婚も日常化してきています。

 こういった晩婚化というのは、それぞれのライフスタイルが影響していると考えられますので、それで本人が良いと感じるのならば基本的には良いと思います。

 しかし、ここで1つ社会的に考えなければならないことがあります。それは、少子化問題についてです。晩婚化が進むということは、それだけ子どもを産む年齢も高くなるということであり2人も3人も子どもは望めません。

 また、晩婚化したあとに子どもを育てると、それだけ子育てが大変になることは容易に想像がつきますので、それが晩婚のデメリットだと私は思います。

 ですので、それを考えると、できればあまり晩婚はしないで、少し早めに結婚するのが本当は良いのかな?と私は思っています。"

お役立ち

関連エントリー

結婚とは本人同士の問題だけではありません 婚活は結婚の近道です 婚活はかなりコストがかかります 私の婚活パーティー 婚活専用のお店 晩婚と少子化問題について 好かれすぎて... 従来のスタイルかカタログギフト? 頂いた引き出物 40代の結婚で感じること 新婚気分は出産まで 結婚はタイミングと甲斐性が必要 人を貶して笑いを取る人は人としてどうかと思うレベル こんな人はお断り! 言い訳じみた事を愚痴愚痴言う人


人気の大手結婚相談所
沖縄県結婚相談所
お役立ち
リンク集